弁護士紹介

弁護士 岡田健太郎(おかだ けんたろう)

プロフィール

知的財産法務、企業法務、遺言・遺産分割、交通事故などを中心に業務を行っています。 知的財産法務の分野では、特許、商標、著作権、不正競争防止法に関わる訴訟、特許庁での審判、職務発明に関するアドバイス、ライセンス契約にも対応しています。

略歴

1998年 慶應義塾湘南藤沢高等部 卒業

2002年 慶應義塾大学法学部法律学科 卒業

2006年 慶應義塾大学法科大学院(1期) 卒業

2008年 横浜弁護士会(現:神奈川県弁護士会)登録 当事務所入所

主な活動

  • 知財総合支援窓口 専門家相談員
  • 日本知的財産仲裁センター本部 運営委員

  • 弁護士知財ネット会員

  • 神奈川県弁護士会知的財産法研究会(幹事)

  • 神奈川県弁護士会日本司法支援センター対策委員会

主な執筆等

【講演】

  • 横浜企業経営支援財団セミナー「弁理士と弁護士による特許のイロハ~ストーリーで学ぶ知的財産制度の基礎~」2016年

  • 横浜市等主催セミナー「中小企業のための営業秘密管理の実践的ステップ」(大堀健太郎弁護士と共同講演)2016年

  • 関東経済産業局主催 知的財産セミナー「知的財産ビジネス戦略の基礎知識~ビジネス戦略の構築から侵害紛争対応まで~」(井上裕史弁護士と共同講演)2015年

  • 関東経済産業局主催 知的財産セミナー「海外ビジネス展開のための知財基礎知識~基礎的ポイントから契約まで~」(井上裕史弁護士と共同講演)2014年

  • 日本弁理士会関東支部・横浜弁護士会 合同研修会「知財訴訟の前提となる民法、民事訴訟法の知識」2014年

  • 神奈川県立川崎図書館「図書館で学ぶ知的財産講座 知的財産に関する訴訟の手続き」2014年

  • 日本弁理士会関東支部・横浜弁護士会 合同研修会「著作権に関する近時の判例の検討等」2012年

  • 川崎市知的財産スクール「営業秘密の法的保護」2010年

【執筆】

  • 「職務発明と労働法規制についての一考察」神奈川県弁護士会専門実務研究論文集第11号 2017年   論文の内容はこちら

  • 横浜弁護士会専門実務研究論文集第10号「弁護士の眼・弁理士の眼~横浜弁護士会知的財産法研究会と日本弁理士会・関東支部・神奈川委員会との合同研究会成果報告~」2016年

  • 「マンション・団地の法律実務」(共著)(株式会社ぎょうせい 2014年)

  • 自由と正義 2014年2月号「日本知的財産仲裁センター その活用を目指して」「地方における知財仲裁センターの利用